Q&A

<テーマについて>

Q1.どの辺りまで神話のキャラクターを登場させればいいですか?

 

A1.物語とはさほど関係ない一行程度の登場、団体・お店・物等の「名前」としてだけの登場等は

ご遠慮ください。

 

主人公でなくとも、物語にちゃんと関わっている登場の仕方であれば脇役でもOKです。

 

例として……

 

桃太郎という小説を書いたとして

ケンタウロスのお爺さん、セイレーンのお婆さんに育てられた

ぐらいの登場でも構いません。

 

お爺さんもお婆さんも、桃太郎の物語として大事な鬼退治には行きませんが

二人がいないことには桃太郎は鬼退治に行くまでになりません。

 

(ただし、上記にあるケンタウロスのお爺さん、セイレーンのお婆さんに育てられた、だけの

一言表記のみの登場のさせ方はダメです。ちゃんと主人公と会話をしたり関わったりさせてください)

 

 

Q2.テーマの活かし方によって採点が変わったり、失格になることはありますか?

 

A2.点数は読んだ方の感想によるものなので、ルールとしてキッチリ設定はしません。

ですが、テーマを活かした内容の方が面白くなるでしょうし多くの方の面白かったという感想を

得られやすくなると思います。

 

今回のテーマはルールを遵守してもらうための設定ではなく、参加者(予定者)の

執筆のモチベーションを上げたり、刺激するためのアイデア提供のような意味合いが強いものです。

ですので、一行表記のみ等、テーマ無視・軽視でなければ失格とはなりません。

 

 

Q3そもそも「神話」をテーマにといっても、どの程度のものにしたらいいかわかりません。

 

A3.参考資料のページに色々な神話をモチーフにしたアニメ、小説作品などをいくつか載せておきました。

バリバリの神話時代について、参加者さんの見解で小説にするのもアリ。

異世界に神話のキャラクターをモチーフにしたキャラクターを出した小説を展開するのもアリ。

現代物で神話のキャラクターの生まれ変わりを出す小説もアリ。

 

参加者さんのアイディア次第で色々と考えて楽しんでください。

 

※A2.にもある通り、今回のテーマはルールを遵守してもらうための設定ではなく、参加者(予定者)の

執筆のモチベーションを上げたり、刺激するためのアイデア提供のような意味合いが強いものです。

 

ですので自由な気持ちで執筆してください。

大事なのは、面白い作品を目指す事。企画に参加して楽しむ事です。

 

 

<企画について>

Q1.一人で何作も投稿しても構いませんか?

 

A2.はい、何作投稿いただいても構いません。

 

 

Q2.誤字を見つけました。修正をした後で再投稿していいですか?

 

A2.投稿期間中でしたら修正投稿可能です。

 

 

このQ&Aは初期簡易版となっていますので

更に交流掲示板にて追加のご質問がありましたら随時、追加していきます。